梅村くん、寺島くん送別会

  • 2010/04/14(水) 00:52:57

今回の記事のカテゴリを「道場の日常」として良いもんか、少し迷いました。。。

だって、道場生のお別れが日常なんて悲しいですよね(笑)

でも、道場は来るものは拒まず、去るもの、いや自分の目標へ向かって踏み出す人は気持ちよく送り出してあげる場所であるべきだと思うんです。
そして、またその人が何年か経って帰ってきても、ちゃんとそこにある、みたいな場所を目指したいですね。

4月に入って新入生、新入社員と呼ばれる皆さんは、慣れない環境ではあるでしょうが、毎日を楽しみながら過ごしているのではないでしょうか。

国分寺道場、立川道場でも何人かの人達が「卒業」がしていきました。

3月26日、27日には、福島県庁への就職が決まり実家のある福島県へ戻る寺島くんにとって最後となる国分寺と立川の練習がありました。

国分寺の練習後 みんなで

道場生皆と手合わせしたりして、本人にとってはいささかハードな練習になったかもしれません(笑)

27日の夕方からは、焼肉食べ放題の店で送別会&小学校卒業祝い&大学卒業祝い&入社祝い&内定祝い&全日本打ち上げ&・・・え〜と、あと何だっけ?…(笑)
まあとにかく、いろんなお祝いをやりました

宴の後半では、卒業する人達に贈る色紙や花、プレゼントなどを渡し、一言挨拶をもらったりしました


小学校卒業となる悠太、岳史、ミレナの3人には、田中副師範からテコンドーTシャツをプレゼント♪

いいな〜

ん?キミたちも欲しいのかな?
大人なのに、しょうがないな〜
じゃあ黄道場Tシャツあげるよ(笑)

「あざーっす
                    

こちらは、梅村くんの挨拶

熱が入り過ぎて手が見えません(笑)

梅村くんは実は寺島くんの先輩にあたります。
報道カメラマンを目指して日夜ニュース映像の現場に飛び込むという激務をこなしつつも、
細くではありますが(笑)テコンドーをやめずに続けてきました。
仕事はいったんお休みにして、再び世界をこの目で見るための旅に出るとか出ないとか
国分寺の初期メンバーに近い彼とは、本当に色々な思い出があり、そして本当にお世話になりました。働き始めてからはほとんど練習に来れなかったのですが、あまり遠くに行ってしまうという実感が湧かないですねー

そして、寺島くんの挨拶

在学中に黒帯をとり、全日本大会に出場して、なおかつ入賞してしまうとは…!
この結果が、彼がいかに頑張ってきたかを証明するものでしょう。
ただ、人生には他にもたくさんの大事にすべきことがある、ということを今後社会に出て学ぶことでしょう。人間的に深みを増せば、きっとテコンドーにも活きてくることと思います。

二人の今後の活躍を祈るばかりです!

挨拶に先立って、今日来れなかった加藤さんからのメッセージが読み上げられる感動的な場面も

ちなみに、加藤さんは梅村くんの更に先輩に当たり…つまりみーんな学芸大なのです

たくさんの方々が、駆けつけてくれました



この後、二次会、三次会と楽しい夜は更けていき、ある者は本性をあらわにし、ある者は大会出場を決意し、ある者は巻き込まれるなど、道場の新章の幕開けにふさわしい日となったのでした

いずれは、梅村くん、寺島くんの現地レポートも期待したいところですね。
あっ!現地レポートと言えば、飯島さんは!?(笑)

楽しみに待っています〜(^^)/