学芸大締め稽古

  • 2009/12/25(金) 16:24:45

こんにちは。
学芸大テクニカルアドバイザーの寺島です。


今回は学芸大の締め稽古(12月16日)についてご清聴下さい。



さて肝心の締め稽古の写真ですが、都合により一枚もありません



内容的には普段のメニュープラス100本チルギといったところですね。。。




さてさて気持ちを切り替えて納会の方に移りましょう!





まずはレザーブルゾンを着ている僕ですね
納会につき普段に比べ眼力2割増しです。





続いてはなんと石原さとみです!!


というのはウソです。申し訳ない。
正解は学芸大テコンドークラブの華である花子ちゃんです。


無事黄帯に昇級し、出席率もグングン上昇しております


「こんにちは花子ですみなさん花ちゃんてよんで下さいね。はぁと。フフフフフ






お次はマレーシアからの刺客、フラメンコ川野です!


彼の成長はすばらしく、ヨプチャギと日本語がどんどん上手くなっています。
彼も無事に黄帯に昇級できました


日本語検定準2級も取得し、最近では助詞を間違える程度です。


「コンニチハ、フラメンコデス!タクサンれんしゅうスルヲシテ、ウマイノヒトニナリタイデ〜ス。」



フラメンコの今後にご期待下さい!
そして最後はレミオロメン大藪改めスキマスイッチ大藪ヒロシです!






目が虚ろなのはご愛嬌。


こんなヒロシ君も6級に。
そして何を隠そう新部長であります



「ちわっす。ヒロシです。マジで部長になったんでマジで頑張っていきます。マジでよろしくです



学芸大クラブ内唯一のシティーボーイであるヒロシ君でした〜





さて最後に今年一年を振り返って。。。



みんな帯の色も変わったし、前よりだいぶ上手くなったと思います。
試合にも出れるようになったし成長したなぁ



学生大会のときスタッフの合間に応援してくれたのはホントに力になったさ〜。
その分勝った姿を見せられなかったのが悔しくて悔しくて。。。




長くなりましたが、今年は学芸大クラブもCHANGEでした。もちろんイイ意味で



今年はたいへんお世話になりました。
そして、来年も学芸大一同をよろしくお願いします。

最後までご清聴ありがとうございました。




下半期 大会プレイバック

  • 2009/12/11(金) 12:29:39

2009年もすっかり年の瀬になってしまいましたね
下半期はほとんど更新できていませんでした(すいません…
ちょっと長いですが、紹介できなかった大会記事をここで一気にプレイバックしていきたいと思います


9月20日 中四国大会

この大会には目崎さんが初遠征
全日本大会選考会に出場しました
実は三宅くんも広島までなんとバイクで観光&応援に駆けました(私にはとてもできません

練習熱心なこの2人は、技術体力だけでなくテコンドーに対する姿勢や後輩たちの面倒をみるなど、あらゆる面で成長を感じさせてくれました

試合の方は全日本常連の強豪、高木選手相手に奮闘しましたが惜しくも敗退
選考会の厳しさを知りましたが今後に向けてますます気合いが入ったようです
社会人期待の星としても目崎さん、そして三宅くんの今後が楽しみです


10月12日〜19日 世界大会期間

10月は第16回世界選手権がロシアで行われました
黄道場からは私、市川副師範、平井指導員、渡邊くん、四十崎さんの5人が出場しました

詳しくは協会WEBでも紹介されたので割愛しますが、私にとっては今までの競技人生で培ってきたものすべてをぶつけた大会でもあり、根底から意識改革をするきっかけを与えてくれた大会でした
帰国後すぐから次大会への準備を進めているので、皆様もう一度だけ応援よろしくお願いします

また、こういった渡航期間中は道場の指導員がほとんど不在になります
山本指導員、服部さん、寺島くん、目崎さん、江崎くん、竹内くん、今くん、戸塚さんをはじめ、各道場の管理をしていただいた皆さん、本当にありがとうございました


10月25日 府中大会

歴史ある府中大会には毎年多くの参加者が集まります
黄道場からは22名参加し、その意気込み溢れる試合をみせてくれました

この大会で
磯龍紀くん(立川少年部)がマッソギ小学3年生の部で優勝

龍紀は何度か入賞経験ありましたが優勝は初めて
しかも最近は入賞から遠ざかっていただけに価値ある優勝でした
このまま突っ走っていってもらいたいですね

また、学芸大の大藪くん、川野くんが初出場しました
練習も熱心にがんばっています
寺島くんに続いてくれると思うので今後期待してます


11月15日 多摩地区大会

第2回目となるこの大会には少人数で挑みましたが皆大活躍でした!

赤井諭くん(国分寺)がトゥル黄緑帯の部で優勝
戸塚哲英さん(目黒)がトゥルベテランの部で優勝マッソギベテランの部で準優勝

実はこの2人は府中大会などでの敗戦をバネにしていたんです
腐らず諦めず、しっかり自分と向き合った結果だと思います
本当におめでとうございます

少年部の磯くん、知佳ちゃん、目黒の東田さんも出場
惜しくも負けてしまいましたが、実力がしっかりついてきたと思います
ポテンシャルは皆とても高いので自信もってこれからもがんばってください


11月22日 北四国大会

毎年出張で行っている大会です
私が初めて出場したのもこの大会(当時は愛媛県大会)でした
出身地ではありませんがテコンドーを始めた地なので、いつもこの大会で愛媛に行くと初心を思い出します

大会に出るのも一苦労…お金もない中バスや飛行機でたった一人で関東の大会に出場したときもありました
練習もよく自分で考えて試行錯誤していました(悪い癖もたくさんついてしまったと思いますが…)
でも、今から考えるとそのときから考える癖や研究する癖もついたと思います
おかげで最近では何か動きを見れば、なんとなくですがどこが悪くてどこが良いか、どんな練習をすれば良いか、分かることも増えてきました

自分が自分のトレーナーになる、と言ったら分かりやすいかもしれません
ただなんとなく教えてもらっているだけでは考える力やセンスが育ちません

ですが、どんな立場になっても「学ぶ姿勢」、「師をもつこと」は自分を成長させる上でも、勘違いして間違った方向にいかないためにもとても大切なことだと思います

愛媛出張で今年もいろんなことを思い出させてもらいました


12月6日 全日本学生選手権大会

今年は全日本選考会に国分寺から3名が出場しました

寺島くん、江崎くん、竹内くん
3名とも同じ階級で切磋琢磨して成長してきました

この階級では、ジュニア時代から活躍している竹内純選手が圧倒していました
しかし、3名も大健闘したと思います
何が足りないのか、冷静に見つめ直せていると思います
あとは本気で全日本に出る!という覚悟を持ち続けて、やるべきことをやるだけ
次はきっと良い結果になると信じています

学芸大の後輩メンバーにも先輩たちの気持ちは伝わったと思います
今後に期待しましょう



今年もあとわずかです
有終の美を飾れるよう最後までがんばりましょう