2009 合宿一日目 その?

  • 2009/09/28(月) 23:19:56

いやあ、その?に来るのに随分時間かかっちゃいました…。

とりあえず、引越しも終わり部屋の荷物も半分片付きました
(世界大会までに終わるかな^^;)。

という訳で第二段いきま〜す!


お昼を食べたら→お昼寝!
じゃなくて練習です!!

合宿でお世話になった『麗峰』から武道場まではひたすら山道でした。。。
武道場まで軽くランニングなんて考えてましたが、大部分の人にとっては山登りになってしまいましたね(笑)

ちなみに武道場はこんな感じ

先に到着して型の練習をする桂指導員

準備体操が終わると、まずは基本動作の練習を行いました

動作のチェックをする田中副師範と立川道場の吉田くん

続いて、二人一組で基本蹴りの練習を行いました。
蹴りをゆっくり出して、足を伸ばした状態で5秒静止します。

練習の手順を説明する桂指導員


田中副師範の前蹴り


桂指導員の横蹴り(見事なバランス!)

蹴りのフォームを確認した後は、実際にミットを蹴ります。

吉田くんの回し蹴り!


国分寺道場の寺島くん(さすが黒帯ですね、力強い蹴りです)


国分寺の鈴木さんの横蹴り


こちらは田中副師範の後ろ回し蹴り!

跳び蹴りの練習も行いました。

国分寺 目崎くんの跳び前蹴り(キレイなフォームですね)

空中三段蹴りにも挑戦!!

スパパパン!!!

ミットだけでなく、パワーボードを拳や足で割る練習もやりました

腰を入れて全身の力を使って動作が出来ないと、なかなかむずかしいものです
(あと拳足をしっかり鍛えておくことも必要ですね。拳が痛いと苦しむ人が数名…
^^ウンウン、みんな通る道なんだよ☆)

見事横蹴りで撃破!



そして練習の仕上げに、防具を着けてステップインして攻撃を仕掛ける練習と、それを受ける練習を行いました。

国分寺 赤井くんの回し蹴り!


国分寺 三宅くんの攻撃!

気が付くと辺りは夕暮れ時となり、初日の練習はこれで終わりとなりました。

宿に帰ってからは…



お待ちかね!!バーベキューです!!

お疲れ様でした(゚∀゚)!!! 乾杯〜☆



「さ〜て肉食うぞ。 うわー。なんだこれは。肉がいっぱいだ。一体どの肉から食えばいいんだ〜」

※セリフはフィクションです

「ふふ(^o^)私はこんなにストックしちゃいました(≧▽≦)」

「オイ!Σ(゚Д゚;)肉乗せ過ぎやろ!」
※セリフはフィクションです(ホントは友達の分の肉も取ってあげただけのことでした 笑)

「しゃーこら。肉食うぞー (明日のミクルンバルのために☆)」

※セリフは私の期待です(多分言ってそう 笑)

夜は生憎の雨となってしまいましたが、宿のガレージを貸して頂き快適に楽しいバーベキューをすることが出来ました



じゃ、そろそろ食材も食べつくしたし(笑)
宴会場で二次会といきましょう♪


この時、女将さんから何と馬刺しの差し入れが…!!

ごっつぁんでーす!!

さてさて、楽しい時間はあっという間に過ぎていってしまうもの。
明日の練習もありますし、お開きとしましょう。

おやすみなさ〜い...

2009 合宿一日目 その?

  • 2009/09/21(月) 02:11:59

こんばんわ。。。

強化練習で多少の疲れはありますが、明日から3連休だし♪ブログ1週間休んじゃいましたしね。UP強行します∠(`o´)
でも、僕の3連休は引越しで潰れちゃいますけど(T_T)

ではでは。
本題に入りまする〜。

昨年までは2年連続で千葉の御宿に合宿に行ってましたが、今回は趣向を変えて山です。

富士山を間近に望む河口湖に行ってまいりました!

今年は参加者の人数が例年よりも少なかったこともあって、バスを借りずに各自の乗用車やレンタカーを借りていきました。

個人的には、車に分乗してワイワイ行く方が好きです。
楽チンなバスに比べて疲れることもあるけど、ドライブもおしゃべりも楽しいし、その場で次どこ行くとか決められますし。

というわけで、いきなり待ち合わせ場所の御殿場SAです。

サービスエリアと言えば、買い食いですよね(笑)

僕は朝食のパンを買って食べました^^;
ちなみに、運転中に飲むコーヒーを買うのも楽しみの一つ♪



参加者は黄道場だけでなく、府中、新百合ヶ丘、橋本、遠くは名古屋からも。
様々な道場の方々が交流できる場となりました。
ちなみに写真右端は、名古屋道場から参加した平岩くんです。
今年の一段のトゥル全日本チャンピオンであり、協会内弟子出身者です。
思えば、平岩くんのことを初めて知ったのも、今回と同じく皆で車で乗鞍高原まで行った合宿の時でしたっけ。。。懐かしいですね。


こちらは、今回の合宿を執り仕切る田中副師範と桂指導員

さて、特に大きな渋滞もなく予定通りに午前中に宿舎に着いたので、早速練習を行いました。


まずは広場までランニング!


タッタカタッタカ


河口湖には釣り船が出ていました

まずは、僕の指導で体をほぐし、無駄な力みをなくして軸を意識すること、安定した足腰の形や全身を連動させることなど、基本的な体勢や体の使い方を皆で練習しました。



簡単なようで難しいモンですが、皆さん出来ましたか?


帰りもタッタカタッタカ


花壇の整備された湖畔の気持ちいい道でした

そして、昼食。

もちろん、合宿のお昼と言えば・・・





そう、カレーです。
ヒャッホー!!(゚∀゚ )三


そしてモチロン、みんなおかわりしました(笑)


その?に続く...

救急セット

  • 2009/09/12(土) 02:39:23

使わないに越したことはないのですが、いざ必要な時にその場にあるのとないのではだいぶ違うでしょう、ということでロッカーの中に置いてあります。



でも、あればもっと役に立ってくれるのは、アイシング用のパックですね。
っていうか、それを冷やしておく冷凍庫、ですね。
打撲や捻挫などが最も起こりがちな怪我なんじゃないかと思います。


さて、明日から合宿です!
まずは、怪我の無いようにしましょう。

常に自分の体の隅々にまで神経をめぐらせて、小さな不調も感じ取るように努力しましょう。自分の体の信号をとらえて、自分を冷静に見ることが怪我を予防する第一歩です。ダメだと判断した時には練習に参加せず、見学だけにする勇気も大事。下手をすれば自分が怪我する前に相手に怪我をさせることにもなりかねませんから (´・ω・`)

自分の体の状態に気付く努力をすることと、細かな動きに注意しながら丁寧に動作することは似ています。つまり、怪我の予防と良いパフォーマンスや上達は表裏一体なのです。
特に考えも持たずに雑な動作を続けていけば、上達が遅くなるばかりか怪我の原因になる可能性があります。

そういった視点も持って、頑張っていきましょう!!

コレは何でしょう?

  • 2009/09/10(木) 02:45:56



(,,゚Д゚)∩ハイッ!! もしや…アレですか?

そうです。
アレです。

買い出し完了しましたので、待ちきれずに開け…
…じゃなくて撮ってみました(笑)



今回はどんな仲間達とどんな語らいが出来るのか、今から非常に楽しみです。

体調管理を万全にして臨んで欲しいものです。
ツライ練習も乗り切れないし、楽しい時間も思いっきり楽しめませんから。

皆さんの記憶に残るような合宿になれば幸いです。



…とりあえず、カロリー摂取する前にはそれ相応のカロリー消費のエクササイズが必要かと思いますので、頑張っていきましょう♪

第12回 関東大会

  • 2009/09/03(木) 01:46:58

8月30日(日)に府中市総合体育館にて、第12回 関東大会が開催されました。

来年の全日本大会の出場権を懸けた関東地区の選手選考会です。

国分寺道場からは、4人の選手が参加しました。
結果は・・・

寺島くん 一段のトゥル 優勝
渡邊くん マッソギ −71? 3位

と、二人の入賞者を出す事が出来ました!
二人は、同時に来年の全日本大会の出場権を獲得したことになります。

おめでとうございます!!

※その他の詳しい結果は協会HPを参照下さい↓
http://www.taekwon-do.co.jp/2009/kj090830kan.htm

寺島くんは、色帯の試合でも何回か優勝していますが、今回は初めての黒帯の試合でいきなり優勝してしまいました。
持ち前の力強いトゥルが評価されたのだと思います。

渡邊くんは、今年4月から国分寺の新たな仲間となった全日本入賞経験も持つツワモノです。
今回は得意のトゥルが上手く行かなかったようですが、マッソギではしっかり権利を獲得出来ました。


…さて、毎回そうですが試合で思うように動けず結果を残せなかった選手は、非常に悔しい思いをしたことと思います。

誰しも負けたくはないし、悔しい思いもしたくないはずです。
次回勝ちたければどうすれば良いか?

負けた原因を突き詰めて、課題を意識して克服することです。
当たり前のことですが、これが意外と難しいものです。

その答えが間違っていようがいまいが、まずは自分自身を見つめ直し、
自分なりの解決策(何が原因だったか、今後何を意識して練習すべきか、など)
を見つけないと、なかなか前進するのは難しいと思います。
気持ちも晴れ晴れとせず、つらい練習に耐えるモチベーションも生まれにくいでしょう。
また、解決策はより深く掘り下げること、掘り下げたら今度は様々な状況を想定して応用をきかせることが出来るようになることで、より役立つものになると思います。

ただ、どうしても原因が良くわからないという場合もあるでしょう。
そういう時は、これは当日中に行うのが一番効果的ですが、自分の試合の審判を担当した審判員に感想を聞くという方法もあります。
また、応援に来てくれた仲間にビデオをとっておいてもらうのも一つの手です。自分がコートで感じたフィーリングと、ビデオでみる客観的な目(これはすなわち審判員の目と言う事も出来ると思います)による感想は、また違うものがあるし冷静に自分を見ることが出来ます。

客観的な意見は自分の気付かない視点も指摘してくれるし、他人の冷静な見た目での判断は非常に参考になります。
そして、そうした指摘も自分自身が悩んで出した解決策があれば、両方を足し合わせてより効果的な対策を得る事が出来るのではないでしょうか。

自分なりの改善が次回どれだけ通用するのか、楽しみな部分でもあります。
反省点を得て、それを克服して自分の上達を実感した時に得られる達成感を楽しみにしながら、今後も練習に励んでいきましょう!!


応援に来てくれた仲間、市川指導員と記念撮影

大きな声援を送ってくれた方々、本当にありがとうございました!!
ビデオで見返したときでさえ、自分への声援を聞くとまた頑張ろうという力になります。
また、ビデオの撮影をしてもらったことも本当に助かっています。
ありがとうございました!