送別会…そして

  • 2008/11/11(火) 15:29:38

11月から愛知に転勤になることになった立川クラブの並木さん
最後の練習でも懸命に稽古に励みました
少年部も混じって全員でマッソギも行い、1人1人と固い握手を交わしました


11月1日(土)の練習後 並木さんを囲んで記念写真

練習中や懇親会の写真も載せたかったんですが・・・
いつものように準備が悪くて申し訳ありません
寂しくなりますが愛知での活躍を心から願っています
もちろん、2年後の復活も期待してますからね

再会を楽しみに、これからもお互いがんばりましょう


ところで…
皆さんはどんな気持ちでテコンドーを始めましたか?
かっこいい蹴りができるようになりたい、強くなりたい、身体を柔らかくしたい、、、
なんとなく?
なんとなくでも、「やってみたい!」「こんな風になりたい!」という気持ちがあるからですよね?

しかし、実際に道場の門を叩くには大なり小なり勇気が必要だと思います
特に、社会人になって武道が初めて、という人は尚更でしょう
(来てみればなんてことないんですが)

いろんな不安だったり、面倒な都合を差し引いても、それでもテコンドーがやりたいと思ったから始めたんだと思います

結果、どうですか?
なりたい自分に近づいているでしょうか?
それともやってみて満足してしましたか?

私自身、ある目標を持ってテコンドーを始め今まで続けてきました
小さい目標を達成するたびに、強烈な欲がでてきて以前は考えもしなかった目標が次から次へと出てきてしまいます
でも続けているとそれだけ困難なことも多くなりますよね?

やっぱりテコンドーは「跆拳道」でひとつの「道」なんですね
技術だけではなく人間としても成長させてくれる
でも歩くのをやめてしまったら、そこでひとつの道は終わってしまいます
立ち止まっても休んでも寄り道してもいいから、なんとか続けてもらいたい
志半ばで・・・なんて大げさなものではないですが、やっぱりもったいないと思うんです

何かに真剣になるって良いことだと思いませんか?

今までいろんな事情でテコンドーを続けられなくなった人も、たとえ立川クラブを離れても、どこかでその気持ちが続いていればいいなと思っています


…今年もあと少しだな〜と思ったら、久しぶりに熱くなってブログに書いてしまいました
2008年を気持ち良く締めくくれるよう皆でがんばっていきましょう


追記
道場生紹介コーナーを充実すべく、H指導員が奔走していますので皆さん準備しておいてくださいね☆